2015年07月31日

冷房の悪い面、冷え過ぎ

こんにちは。今日7/31も暑いですね。明日から8月ですので、あと4週間くらいは覚悟しておいたほうが良さそうですね。

ところでこの気温ではクーラー無しではいられませんが、クーラーに当たりすぎると、人によっては体調崩す原因となります。

クーラーつけなければ熱中症、つければ冷房病とかなっちゃって、ホント夏はたいへん^^;



ヒトは暑いところにいますと血管が拡がり汗をかいて、身体にこもった熱を出し体温を下げようとします。

逆に寒さを感じると血管を細くして身体の熱を逃がさないようにして、体温が下がらない状態になります。

気温の上下で身体が自動的に反応しているわけですが、それを行っているのが自律神経系です。

最近、急に寒くなったり暑くなったりが多いですが、ほとんどの方が急激な気温変化に身体がついていかない、と言います。

本当にそうなんですよ(まだまだ若い人には理解できないかもしれませんが、歳をとったときに実感しますよ〜)。



話を戻して、一般に気温が5度以上変化すると身体の反応が鈍くなるそうです。

ですので、部屋の中の温度と外の気温との差が5度を超えたら、いわゆる冷房病が出てくるのです。

特に気温差5度以上のところを行き来したり、クーラーの冷たい風に長時間当たっていると、自律神経の機能が低下します。 

その結果、身体のだるさ、ふくらはぎがかったるい、手足の冷え、筋肉性の腰痛、肩こり、頭痛、腹痛、下痢、不眠、生理痛の悪化などの症状が出てきます。

2A81CD20-9609-425F-A90E-C6656AE6003F.jpg

冷房による不調が女性のほうに多いのは、はっきり調べたわけではありませんが、冷房設定温度が暑がりの男性に合わせているご家庭や職場が多いのでは?と思うことがあります。

あとは、来ている服のせいもあるかもしれません。女性の服は肌の露出が多いデザインだからです。

クーラーの過度な使用は自律神経の不調を起こし不快な症状が出てくる他に、長期的に続けばガンなど大病の遠因にもなり得るので、じゅうぶんお気をつけ下さいね。


横浜駅に近いカイロ整体は、すぐに効果を実感する日本カイロプラクティックセンターの横浜西口研究室。

posted by いちのせ at 17:29| Comment(0) | 冷え症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。