2016年01月25日

黒ニンニクの効能

ニンニクは抗酸化物質が多く含まれている上に、免疫のNK細胞が活性化するので、ガン発生や転移・再発予防にもっとも効く食べ物と言われてますが、長期熟成させた黒ニンニクはさらに10倍の力がある、そうです。

横浜でこの黒ニンニクを自家用に作っている人がいて(熟成中は物凄い臭気なので、マンションや住宅街では止めたほうがいい)その方が分けてくれるんです(*^_^*)
ED521CF2-7FFB-43FE-9EAB-C1AE882ECB5C.jpg


ニンニクと云えばあの臭いが気になるわけですが、黒ニンニクはわずかに香る程度で餃子食べた後みたいにニンニク臭くなりません。

さらに美味しい黒ニンニクは甘〜くて、プルーンみたいな食感なんですよ。
A4B967BB-FC5F-472C-A167-3858E552784A.jpg
たまに他の黒ニンニクを食べることがありますが、正直、美味しくないものがいい値段で売られていることもあります。

健康のために黒ニンニク食べたけどマズくて止めた方もいるんじゃないかな…。

黒ニンニクを知っている方は健康志向が高いからニンニクは国産を選ぶ場合が多いと思いますが、国産ニンニクは辛味が強すぎて、黒ニンニクには向いていないようです^_^




ところで、いつも仕事帰りに寄るMaruetsuはTポイントが貯まるんですが、この間買い物したらレシートが2枚出てきて⁇

レジの方も不思議そうに手に取り、目をキッとしてレシートに書いてあることを読み始めて…

そしたら急に笑顔でこっち振り返って、

「当たったみたいですよ〜(*^_^*)」

3,000円分!4D8C60D3-4A90-428E-A21E-DAFC44BA9AE8.jpg
うれしですo(^_^)o


posted by いちのせ at 18:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

小アジの栄養

昨夜、小アジの梅酢漬け、を作りました。

小鯵の栄養ってなんだろう。小アジのエラと内臓を除いて揚げているので、ほぼ丸ごと食べるからカルシウムは豊富そうです。

それと

アジやイワシ、サバなどの青魚に多く含まれるというのが、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)です。


(1/15、小アジの梅酢漬け弁当)

C97E2A5F-51FF-4880-8678-591EC792591D.jpg


DHA!EPAともに人間は体内で合成することが出来ないので、食事で摂るしかありません。

DHAやEPAの主な働きですが血液がサラサラになるそうで、動脈硬化や心臓病、脳血管障害を予防します。

それとDHAは、判断力や記憶力を高めるのに有用と言われております。

DHAやEPAは魚の油の部分にあり加熱すると流れ出てしまうため、摂取のためには刺身にして食べるのが一番良いそうですよ。

(小アジの梅酢漬けと菜の花のおひたし、1/15)

A13C7FA1-E34A-4404-88A1-7F2DC9DE32FB.jpg

腰痛・肩こり・不妊症は、横浜駅そば日本カイロプラクティックセンター横浜西口研究室

posted by いちのせ at 16:35| Comment(0) | 栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

赤かぶの栄養

  • 休みの日(1/13)に近所の野菜直売所へ行ったら、赤かぶが売られていました。いまが旬なんですね。


    春の七草のスズナはカブだし、そういえば今年食べた七草粥のセット(海老名駅前の野菜直売所で買いました)のスズナは普通の白い蕪でなくて赤カブが入っていたんでした。


    この赤かぶ、今年は豊作なのか、直売所ではやや小ぶりなのが15個くらい入って、なんと!一袋120円というお値段でした〜。

    F17E7FF8-57EE-4DCD-A562-02FD349AA6F4.jpg


    大根の葉と同様にカブの葉も栄養豊富なので、葉付きのものならなるべく葉っぱまで食べるようにしてるのですが、今回は赤かぶの葉がついて無かったのがちょっと残念だったけど。

     (赤かぶの甘酢漬けを細かく切って混ぜ込んだ、赤かぶご飯。赤かぶのソテー、大根の葉の炒め物)
    CE5CA71D-AB44-420B-9357-F0D81D8D19EA.jpg

    カブの栄養価は高いです。特にアミラーゼ(ジアスターゼ)がたくさん含まれているので、胸やけ、胃もたれ、消化不良の方にはオススメの野菜ですー^ ^…飲み込むように食べる早食いの方にもオススメですだ^ ^


    食べたものの栄養を私たちの身体が吸収するには、まず食べ物を消化しなけれななりませんが、体調のよくない時は消化能力が弱まります。


    こんなときには蕪の出番です!


    カブに含まれているアミラーゼは消化酵素の一つで、唾液に含まれているものと同じで、ご飯やパンなどでんぷん質のものを消化する作用があります。


    アミラーゼが胃腸の働きを助けてくれるので、普段から食べるのももちろん良いし、胃もたれや胸やけがする時、風邪など病気の回復期にはオススメの野菜ですー。


    (赤かぶの甘酢漬け、大根の葉をごま油で炒めてご飯に混ぜ込んだ、大根菜ご飯)

    ^BB39E4C5-47B4-49B4-BFE8-DAABDB7129CD.jpg



赤かぶの赤い色素はアントシアニン(ポリフェノールの一種)です。アントシアニンは抗酸化物質で、活性酸素を抑制する抗酸化作用があり、ガン、動脈硬化、老化の予防に効果があるとされています。

(赤かぶのソテー…くし切りにしてフライパンで両面を焼いてハーブソルトで味付け)
0696C476-0552-4FCE-8356-57F5C56B9634.jpg

みなさんも食卓に蕪料理をぜひどうぞ^ - ^

なお、大根の葉や蕪の葉にはβカロチンがおおく含まれています
posted by いちのせ at 15:56| Comment(0) | 栄養 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。